<< 格子戸のある町並み ♪ | main | 動物も祈っています >>
2020.07.05 Sunday

版画で見る渡月橋の歴史

JUGEMテーマ:絵画

株ヤニスアートジャパン  かーふコレクションの香川です

金沢市主計町茶屋街で、版画家の故クリフトンカーフさんの専門ギャラリーをしています

 

 1990年に大阪梅田 阪急で行われた「クリフトンカーフ展 30年のあゆみ」の図録を眺めています。

今からちょうど30年前です。 

そして、この展覧会が当時、歩み始めてから30年を振り返ったもの・・・

歴史を感じますね!

 

「歴史を感じる」と言えば〜 カーフさんが描いた木版画もその当時の風景を切り取ったもの…当たり前ですが 笑

 

 京都嵐山の「渡月橋」です  1983年の作品

今とは少しだけ形が違います

そんな時は調べます 笑   すると〜

渡月橋の歴史が解ります ♪

 

渡月橋は今から1200年前の平安時代にはもうあったそうです

明治時代のものは写真で見ることが出来ますが、当時はまだ橋の道幅も細く木材のみで組み立てたもの

現在の橋は1932年に橋脚をコンクリート製に直し、その後も何度も大がかりな補強や修復工事があり(数年前にも大水がありましたね)そして、今の形となったそうで・・・まさに歴史ですね!

 

私はカーフさんのこの版画に出会わなければそんな歴史を調べようともせず、勿論知らなかったでしょう。

 

人にも歴史があります 

今は立派な事を言う大人も昔はみんな子供で、親にすがり、大切にされ、育てられたのですね。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM